介護福祉士の実務者研修のハローワーク

当ホームページご訪問いただきありがとうございます。
実務者研修は、介護福祉士になるための基礎的な知識や技術を学ぶ研修のこと。
介護実務の経験や介護資格の有無に関わらず誰でも受講可。


実務者研修

厚生労働省は、介護職に就かれている方のキャリアアップを
「介護職員初任者研修修了者」→「介護福祉士」→
「認定介護福祉士」としています。


現在、介護福祉士国家試験の受験資格は「実務経験3年」ですが
平成27年度(平成28年1月から適用)介護福祉士国家試験から
「実務経験3年」+「実務者研修」の修了が必須となります。


実務者研修を修了した方は
介護福祉士国家試験の実技試験が免除され
筆記試験の合格で介護福祉士国家資格を取得できます。


また実務者研修を修了すると
グループホームや老人ホーム、訪問介護事業所では
サービス提供責任者として働くことができるため
就職に有利な資格であり、待遇面の向上も期待できます。


サービス提供責任者とは
主にケアマネージャーの作成したケアプランに従い
具体的な訪問介護計画書を作成したり
ヘルパーの指導・育成や
訪問介護サービスに伴う管理業務者のこと。
訪問介護事業所には、サービス提供責任者の配置は必須。


実務者と医療行為

たん吸引や経管栄養は医療行為と位置付けられているため、医師や看護師等でないと行えませんが
実務者研修の修了者は実地研修を受ければ、これらの行為を介護の現場で行うことができます。


無料受講や通信講座

さて実務者研修を無料で受講できることは可能なのか?
各自治体(ハローワーク)では、実務者研修が無料で受講できる制度が用意されています。


この制度は自治体が民間の資格学校へ委託することで受けられるものですから
その授業料は税金から賄われています。
また通信講座は募集しておらず、全て通学講座となります。
しかし募集時期は不定期であり、募集人数も自治体によってバラバラです。


また無料といっても、あくまで授業料のみが無料であって、テキスト代は実費負担となり
そのテキスト代は15000円~30000円と自治体によって差があります。


なぜ差があるかというと、結局委託先の民間学校が指定しているテキスト代になるので
それによって差が生まれています。


また授業料は税金から賄われているので、誰でも受けたい時に受けられるわけではなく
募集者の中から面接を行って、この制度を利用できる人を選びます。
つまり応募しても、募集者の中から面接等で勝ち抜かないといけないわけです。


実際のところハローワークではない民間講座でも安いところでは2万円台で受けられるので
金銭的大幅なメリットがあるかといいますと、やや疑問が残り
競争率の激しいハローワークの制度に募集して、さらに面接も受けて…となり
その時に受講ができるかどうかも分からず
先が読みにくいので、民間の講座を受けられている方が多いようです。


では実務者研修の講座はどこが最も安いのか?
下記にて最新の講座一覧をご案内しておりますのでご参考になさって下さい。


実務者研修の通学

2016年1月の介護福祉士試験から
受験資格に介護福祉士養成のための
実務者研修(介護福祉士実務者研修)の修了が加わることになりました。


この実務者研修を取得するには
基本的に450時間の講習を受ける必要がありますが
初任者研修を修了している方は130時間分を差し引いた320時間の受講で取得することができます。


ちなみに2015年1月までは
実務経験が3年以上あれば受験可能ですが
今後は実務者研修の修了が必須なので注意してくださいね。


また、実務者研修を受けていると
介護福祉士試験の実技試験免除されるのが大きなメリットです。
「免除」といっても、試験そのものを受けなくてよいわけではなく
実務者研修の一環で事前にテストを受けているだけのこと。


実施しているスクールによって
試験の難易度は大きく異なりますので、事前に合格率などをチェックしておくとよいでしょう。
ホームページに掲載されていない場合は、直接スクールに問い合わせることをおすすめします。


これから実務者研修を受ける方で
介護関係の資格や看護師などの医療系の資格を持っている場合は
講習内容においても免除される科目があります。
通常よりも短い期間で、費用を抑えて受講できますよ。



介護職員初任者研修の口コミ談≪2014≫

介護の仕事に携わる者として持っておくべき心構えは何でしょうか。 秘密を守ることは絶対です。この仕事には法律家や医療従事者などと同じように守秘義務があります。 介護 …>

ヘルパーなど注目の資格

女性を中心に、いま注目を集めているアニマルセラピスト。 もちろんホームヘルパーの資格も話題なのですが、気をつけたいところもあるようです。 まだ馴染みのない言葉なので、 …>

福祉用具専門相談員の資格

福祉用具専門相談員は人と接するお仕事です。介護される方もそうですし その家族や介護職員などとも頻繁に、そして密に接しながら仕事をしていくので コミュニケーションを取る …>

介護職員初任者研修のハローワーク≪資格≫

介護職の最大の魅力は、取り敢えず誰でも就ける事です。 よく、ヘルパーとしての資格がなければ就労出来ないのではないかと言われるのですが、それはとんでもない間違い! そも …>

介護の現場

介護の現場と言えば、きつい・汚い・給料安いの所謂典型的3Kだと思われている方も多い事でしょう。 しかし、案外そうでもないという現実がそこにはあります。 (さらに …>

ホームヘルパーの資格費用≪2014≫

介護職というのは、必ずしも有資格者でなければならないというものではありません。 はっきり言って、体力とやる気さえあれば、どなたでもトライ出来ます。 (さらに&helli …>

ホームヘルパー 資格≪ハローワーク2014≫

秘書検定なども人気みたいですね。 ところでホームヘルパーの資格はハローワークでも取得可能みたい。 話を戻しますが秘書検定と呼ばれるものは幾つかあるようですが 一般的 …>

介護職員初任者研修 費用≪2014≫

外国人に日本語を教える仕事がしたい。 国際化が叫ばれる中で、敢えてこのように思う人も多くなってきているようです。 国際化が叫ばれるからこそなのかもしれません。 (さら …>

実務者と就職先

カウンセラーと一言で言ってしまうのは非常に難しい分野ではありますし、 心理カウンセラー区切っても様々な職業がありますから、単純に就職率を 表す事はできないものの、カウ …>

実務者とシッター

ベビーシッター協会とは、ベビーシッターを目指す方の研修や認定試験を実施しているほか 子育てをサポートする全国の保育会社が加盟しており、地域に密着したサービスを提供してい …>

主婦と実務者資格

主婦でも稼いで家計の足しにしたい、そんな声もよく聞こえてきます。 就職をして働くのであれば資格の幅は広がるでしょうが 主婦でも稼げる資格となると途端に数が少なくなって …>

国家資格と実務者研修

これから資格にチャレンジしようと思っている方に、「男性に人気な資格ランキング」をご紹介します。 まず1つ目は、幅広い法律の知識を必要とする国家資格「行政書士」です。 …>

実務者研修と専門性

介護の現場では「専門性」がないと、ケガや事故が発生するリスクが高まります。 たとえば、トイレやご飯を食べること、椅子に座ることなく これまで普通にできていたことをサポート …>

福祉士の資格を取得

介護福祉士の資格を取得するためには、3年間の実務経験を積むほか 2年間養成所へ通う必要がありますが、保育士の資格を取得していると 1年間で取得できるケースがあります。 ( …>

介護福祉士と実務者の仕事

介護福祉士の仕事に就いたけれど そろそろ転職を考えている…という方は多いのではないでしょうか。 (さらに…) …>

鑑定士と実務者研修

宝石の鑑定士とは、宝石の格付け(グレーディング)や 鑑別を行うスペシャリストのことをいいます。一般的に 鑑定士と呼ばれているのは国家資格の取得者ではなく 民間の資格を取得 …>

介護と足浴について

要介護者によって異なるのですが、適切であると判断された場合には 積極的に足浴が行われるそうです。 特に本格的な入浴が困難な要介護者に行われることが多いらしいのですが こ …>

認定心理士と実務者研修

認定心理士という資格がありますが、これは日本心理学会が認定する民間資格で、 認定試験等は無く、学会が指定する単位を履修して、申請すると認定心理士として 認定されます。 ( …>

介護事務と実務者

介護事務の資格は本当に様々なものがあるので どれを受けようかなと迷っている方もきっといるはず。 転職や仕事など簡単に変えられませんからね。 (さらに…) …>

実務者の方への用品

実務者研修を受けようと思っている方にも見てほしいものですが 介護用品には福祉用具と呼ばれるものとそれ以外のものに分けて考えられることがあります。 福祉用具とは介護保険によ …>

介護保険とバリアフリー

介護が必要になると、時に今住んでいる家や通常の住宅では不便なことが多々出てきます。 そんな時にはバリアフリーを考えたリフォームをしたり 住宅を建てたりする必要があるでしょ …>

手話通訳士と介護現場

手話通訳士の資格は医者や弁護士の様に、業務独占の仕事ではない為 無資格でも手話が得意であるのなら手話通訳業務を行っても 問題ありません。 (さらに…) …>

通信教育を利用すれば安い?

実務者研修は、介護の基本となる知識や喀痰吸引等の演習を含んだ医療的ケアなど、全部で450時間のカリキュラムを受講する必要があります。ただし、ホームヘルパー2級や介護職員初任者研修などの資格を取得している場合、受講内容が免除されます。
たとえば、「助産師」「保健師」「看護師」「准看護師」の資格がある方は、介護員養成研修の「介護職員初任者研修課程」が免除されます。また、既に「実務者研修」を修了し、訪問介護事業所に従事している方、または内定している方も同じように免除対象となります。無駄な時間や費用を抑えることができるので、スキルアップをしたい方でも無理なく受講することができますよ。
これから高齢化が深刻化する日本において、医療関係の知識と実務経験のある方が実務者研修を取得することは非常に意味のあることです。介護保険制度に関する知識や認知症、その他の障害への理解も深まり、今すぐ現場で使える技術を取得するはずです。
仕事の幅を広げたい方、将来介護福祉士を受験しようと思っている方、サービス提供責任者を目指す方は、実務者研修の修了を目指してみてはいかがですか? 通信教育を利用すれば、働きながらでも無理なく自分のペースで学習可能ですよ。